パソコン作業は没頭してしまうと、知らぬ間に長時間が経過してしまうことがありますよね。悪い姿勢で長時間パソコン作業をしたせいで、肩こりが悪化してしまった・・・なんて経験はありませんか?

一度ツラくなってしまうと、即解消するのが厄介な肩こり。自宅や仕事場では、肩こりが悪化しないパソコン作業環境を整えておきたいですね。

足が入るデスクで、椅子に座って作業する

「足が入るデスク」というのが重要なんです。足が入らない出窓や台にパソコンを置いて、座ってみると身体とパソコンの距離が遠くなります。

腕は向こう側まで伸ばさなければならないし、ディスプレイは遠いし。となると上半身全体を前傾せざるをえなくなり、不安定な体勢を強いられます。

こんな姿で長時間の作業は肩こり悪化の原因です。

また、足が入るデスクの作業でも、適正な高さの椅子・デスクで作業しましょう。子供用サイズのように極端にデスクが低かったりすると、目線が下がることで下向きになり、首こり・肩こりを悪化させます。

何より単純にPC操作がしにくいので効率も下がりますね。

ローテーブルややちゃぶ台での作業を避ける

あぐらをかけたり・足を伸ばせたりはするかもしれませんが、キーボード・マウス操作や画面を見るときには背筋を伸ばしにくく、猫背になりやすいです。

顔を前に出す姿勢は肩こりになりやすいので、背筋を自然に伸ばせる椅子に座ってのパソコン作業が望ましいです。

視認性の良いディスプレイを

ディスプレイは大きめのものを選びましょう。小すぎるディスプレイではアイコンやフォントも小さく見えます。見づらい画面は凝視しようと顔が前に出てしまい、首コリ・肩こりの原因になりますし仕事をする上でも非効率です。

デスクトップパソコンならモニターに台を

パソコンのディスプレイは台の上に置き、高さをプラスしてみましょう。少しだけ見上げるくらいの高さに設定すると、首を曲げて下を向くような姿勢になりにくく、猫背を防げます。

お菓子の缶だったり、分厚い雑誌でも簡単に高さを持たせることができるので、すぐに実行でできる肩こり対策ですね。

モバイルノートパソコンは13インチ以上を

私も持ち運び用の軽いモバイルノートパソコンが欲しくて、レッツノートなどの11インチ~12インチなどを使用してきましたが、やはり小さい。どうしても目を画面に近づけてしまう姿勢になるのは肩こりに良くないです。

今は13インチでも薄型軽量のノートパソコンなら、重量1㎏を切るものもあります。ノートパソコンを持ち歩く肩こりサラリーマンには13インチをオススメします。モニターが大きい方が良いといっても、これより大きいと持ち運びに支障がでそうですからね。

目が悪いなら、潔くメガネ・コンタクトを

近視や乱視で目が悪いなら、メガネやコンタクトで視力を取り戻しましょう。仕事上、間違えられないデータを悪い目で一生懸命見ていれば、どうしてもパソコンのモニターに顔を近づけてしまいます。

すると猫背からの肩こりに陥るよくあるケースですね。視力が悪い人が仕事で毎日パソコンを使うなら、迷わずメガネかコンタクトレンズを作りましょう。

データを読み間違えて仕事で失敗するリスクもなくなりますし、モニターに顔を近づける必要もなくなるので、猫背も防げて肩こりを予防することができます。

マウス・キーボードはワイヤレスを

自然な姿勢でパソコン操作を行うには、自由な位置にキーボードとマウスを配置できることも重要な肩こり予防対策です。Bluetooth(ブルートゥース)やUSBの受信機でワイヤレスで使用できるマウス・キーボードは一度試してみてください。

コードが無いことでデスク上もスッキリしますし、キーボードとマウスを手前で操作できるので体が前傾しにくい環境作りができます。

デスク回りはキレイに

マウスやキーボードをコードレスにしても、デスクが散らかっていて操作範囲に制限があるようでは意味がありません。肩こりを予防・解消したいなら、パソコン周りをキレイに整理整頓することから始まります。