バイクに乗る習慣があって、肩こりに悩まされているあなた。肩こりの原因で一番疑わしいものは、ヘルメットです。

重いものだと1.7キロ程あるバイクのヘルメット。重いほど肩こりに影響する可能性があります。

前傾姿勢になるバイクほど肩こりの原因に

レーサーレプリカやツアラーといった前傾姿勢になるバイクは、肩こりの原因になりやすいです。

5キロ程ある頭の重量と、2キロ弱のバイクのヘルメットを前傾姿勢で支えるのは首から肩・背中にかけて負担が大きいんですね。

背筋を伸ばして立っている(座っている)状態であれば、安定して頭とヘルメットが支えられるのですが、前傾姿勢ではそうはいきません。

胴体(背骨や筋肉)が効率よく支えてくれているのとは違い、首や肩の力で頭とヘルメットを長時間支えなくてはなりません。

肩こりになってしまうのも頷けますね。

肩こりバイク乗りは、軽いヘルメットを選ぼう

というわけで、バイク乗りの肩こりには

軽いヘルメットを選ぶ

前傾姿勢にならないバイクに乗る

という対処が効果的。

なのですが、既にレーサーレプリカやツアラーなどのバイクに乗っている人が気軽に乗り換えるなんてできないでしょう。

となると、首にかかる重量を極力軽くするヘルメットを軽いものに変えるのが手っ取り早いですね。

軽量のヘルメットはカーボン素材

重いヘルメットの重量は1.7キロ程に対し、軽量素材のカーボン製のヘルメットは1.2キロ程まで軽量化されているものもあります。

その差500グラム。

数字だけで表現すると大差なさそうですが、500ミリのペットボトルの水を首からぶら下げてバイクに乗っていると考えるとどうでしょう?

肩こりそうじゃないですか?

少しでも頭の重さを軽減するなら、カーボン素材のヘルメットを検討してみましょう。

カーボンは硬さも強いので、肩こりへの影響に加えて安全面でもバッチリです。