一日中パソコン作業をしている事務職や技術職の会社員は、仕事柄肩こりに悩まされている人は多いですよね。肩こりのために常に気を付けなければならないと思っている正しい良い姿勢。

しかし気づけば猫背や前傾姿勢で一日の仕事を終え、首・肩・背中に疲れを溜めてしまっていませんか?今回は、ついつい崩れてしまう良い姿勢を常に保てる裏技をご紹介します。

定期的に「姿勢は大丈夫?」のお知らせをしてあげる

私はひどい肩こりを悪化させないために、常日頃「良い姿勢を保たなければいけない」と強く思っているのです。そう、デスクに座って仕事を始める前までは。

いざ仕事が始まり、アレやコレやと情報が入って作業が入って・・・という環境になると良い姿勢を保つことなんて頭からスッポリ抜けてしまいます。ええ、一瞬で(笑)

そんな仕事にマジメな私たちが、デスクワーク中に良い姿勢を長時間保つためには「自動で入る定期的な姿勢保持チェックのお知らせ」を設定してあげましょう。

姿勢を保つお知らせって?

「正しい姿勢に直しましょう」と教えてくれるアラームをセットしておけばいいのです。1時間おきとか30分おきとかに。忘れてしまって、正しい姿勢を保つことを自分で気をつけられないなら、管理は機械に任せてしまえ!ということですね。

パソコン作業を仕事でしていると、良い姿勢を保つのって本当に難しく、下手したら1分も経たないうちに姿勢が崩れています。

こんな一日じゃ、慢性的な肩こりになってもしょうがない・・・と納得。やはり肩こりなどの大きな原因は崩れた姿勢に気づかずに、長時間デスクワークをしてしまうことなんですね。

良い姿勢を保つアラームは何を使う?

お知らせになれば何でも構いません。スマートフォンのアラームだったり、パソコンにポップアップを出すでも良いですね。正しい姿勢を保つことを気づく機会を定期的に何度も行えれば良いんです。

私が利用しているのは「居眠り防止」アプリ。本来会議や仕事中の居眠りを防ぐために、定期的にバイブを鳴らすアプリなのです。これを私は「正しい姿勢を保てているか?」の確認するタイミングの気づき用に利用しています。

15分とか30分おきにアラームのバイブが鳴るように設定をしておき、バイブが鳴ったら姿勢を正す。短い時間でも、結構姿勢が崩れているものなのです。

これが無かったら私は今でも一日中肩こり・首こりの原因となる姿勢のまま仕事を終える毎日を送っていたでしょう。

スマホアプリの他にも、パソコンのフリーソフトだったり、ポケットに入るサイズのインターバルタイマーだったり。要は定期的にバイブする(音が鳴る)といったお知らせができればいいんですね。

スマホ一つあれば試せますので、肩こりに悩む姿勢が崩れやすいデスクワーカーさんは試してみてはいいかがでしょうか。